Microsoft Edge

Microsoft Edgeで閲覧履歴などを残さない「InPrivateウィンドウ(シークレットモード)」を使う

「Microsoft Edge」でインターネットを見ると閲覧履歴などがパソコンに残ります。

家族共用のパソコンの場合は閲覧履歴などの情報がパソコンに残ってしまうのが嫌だと思う方も多いと思います。

そんな時は「Microsoft Edge」の「InPrivateウィンドウ(シークレットモード)」機能を使えばOKです。

「InPrivateウィンドウ(シークレットモード)」なら閲覧履歴などを残さないでインターネットを見ることができますので安心です。

 

とりあえず簡単に教えて

  • 閲覧履歴を残したくない時はInPrivateウィンドウ。
  • InPrivateウィンドウは右上にある「…」アイコンから起動。

 

Microsoft Edgeの「InPrivate ウィンドウ」を使う

1. 「Microsoft Edge」を起動したら右上にある「…」アイコンをクリックします。

2. メニューが表示されますので「新しいInPrivateウィンドウ」をクリックします。

3. 黒いウィンドウが起動します。これが「InPrivate ウィンドウ」です。右上のユーザーアイコンに「InPrivate」と表示されています。

4. この黒い「InPrivate ウィンドウ」でインターネットを見ると閲覧履歴などが残りませんので安心です。

5. インターネットを見終わったら右上の「☓」をクリックして「InPrivate ウィンドウ」を閉じる事を忘れないで下さい。

 

まとめ

自分専用以外のパソコンで閲覧履歴などを残したくない場合は「InPrivate ウィンドウ」を使いましょう。

終わったら必ず右上の「☓」をクリックして「InPrivate ウィンドウ」を閉じる事を忘れなければOKです。

いちいち閲覧履歴などを手動で消すよりも「InPrivate ウィンドウ」を使った方が簡単だからオススメですよ。

 

八王子市南大沢のパソコントラブル修理出張訪問サポートセンターはパソコンやインターネットのトラブルの修理出張訪問サポートに対応しています。パソコンやインターネットのトラブルでお困りの場合はお気軽にお問い合わせ下さい。修理サポート内容によっては電話のみで解決する場合もありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

「Microsoft Edgeで閲覧履歴などを残さない「InPrivateウィンドウ(シークレットモード)」を使う」の記事をお読みいただきありがとうございます。この記事が少しでも役に立ったと思われた方は、ブックマークまたはシェアをよろしくお願いします。

 

-Microsoft Edge

© 2024 雑記ブログ Powered by AFFINGER5